液もれってなに?

TOPへ

Q そもそも液もれってなに?
A 電池から液体(電解液)が漏れ出たり、その状態を長期間放置した結果、漏れ出た液体が固まって白い粉が電池に付着する現象のことです。
Q 乾電池は液もれするの?
A 全て液もれするわけではありませんが、使い方を誤った場合などは液もれする可能性があります。
Q 何故、液もれするの?
A 液もれの原因は大きく分けて2つあります。1つは「未使用の液もれ」で、長期保管や外部要因(サビ、落下、ショート)などが原因として挙げられます。もう1つは「使用中/使用後の液もれ」で、こちらの最大の原因は、「過放電」によるものです。「過放電」による液もれは、機器が動かなくなってからも電池を機器内に放置しておくことで起こります。機器が正常に動くかどうかをこまめに確認し、定期的に電池を交換されることをお勧めします。
過放電による液もれ発生のメカニズム
Q 今回の「ボルテージ」は液もれしにくいの?
A 新素材の採用により、液もれの原因となる水素ガスの発生量を当社従来品よりも著しく減少させました。そのため、今までよりもさらに液もれしにくい乾電池になりました。
Q 液もれしたらどうなるの?
A 電池のアルカリ液が目に入ったときは、失明など障害のおそれがありますので、こすらずにすぐに水道水などの多量のきれいな水で充分に洗った後、医師の治療を受けて下さい。電池のアルカリ液が皮ふや衣服に付着した場合には、皮ふに障害を起こすおそれがありますので、すぐに水道水などの多量のきれいな水で洗い流してください。
Q 液もれしないようにするには?
A 機器を長期間使用しない場合や使い切った電池は、すぐに機器から取り出してください。また、+-逆接続、ショート、分解、新旧・銘柄・異種電池の混用、充電、過熱、火に入れるなどしないでください。

TOPへ

液もれしてしまったら?

TOPへ

Q 使用推奨期限内なのに、液もれしてしまった!どうして?
A 原因としては、「新しい電池と古い電池を一緒に使用した」「(+)(-)を逆に接続した」「電池を落下させた」などが考えられます。万が一、使用推奨期限内で正しい使い方をしても液もれしてしまった場合はお客様ご相談センター(03- 5213-3524)へお問い合わせください。
液もれ補償条件について
Q 今までの電池はどのくらいの期間過放電したら、漏液するの?
A 放電時間や状態により異なるので一概には言えません。

TOPへ

長持ちトリプルパワー×液もれ防止設計※2 さらにパワーUPしたボルテージ!

TOPへ

Q マクセル アルカリ乾電池『ボルテージ』のトリプルパワーとはどんな力?
A 「トリプルパワー」とは、「瞬発力」「大馬力」「持久力」を指します。「瞬発力」とは“瞬時に大電流を生み出す力”、「大馬力」は“機器の動作に必要な強い力”、「持久力」は“安定した電流を維持する力”のことで、様々な機器で長持ちやパワーを発揮するアルカリ乾電池であるという製品特長を表しています。
Q 家にある機器のなかで、アルカリ乾電池がパワーを発揮するものって?
A アルカリ乾電池はリモコンや時計から、玩具、デジタルカメラまで様々な機器に対応した乾電池です。様々な機器で使え、長持ちするので非常に便利な優れモノです。
Q マクセル アルカリ乾電池『ボルテージ』が環境に配慮した製品って、どういうこと?
A マクセル アルカリ乾電池『ボルテージ』は、製品の30%以上を鉄道輸送することで、CO2排出量を削減し、環境保全に貢献しています。
※トラックでの輸送に比べ、鉄道での輸送はCO2排出量が約1/7といわれています。
Q 使用推奨期限ってなに?
A JIS(日本工業規格)では[使用推奨期限]について、「その期限内に使用を開始すれば電池は正常に作動し、JISに規定する持続時間などの性能を満足する期間」と定めています。「ボルテージ」はJISに準拠し、使用推奨期限10年を実現しています(単1形~単4形において)。ちなみに、使用推奨期限は電池本体に記載されています。
Q 「液もれ防止設計」※2ってなに?
A マクセルの独自技術を用いた、過放電液もれ防止設計のことです。長期間、使い終わった電池を機器の中に入れっぱなしにすることで電池が過放電状態になり、液もれを起こすことがあります。マクセルは新たに採用した独自技術によって、液もれの原因となる水素ガスの発生量を大幅に抑えることにより、液もれしにくい電池の開発に成功しました。

TOPへ

電池の豆知識

TOPへ

Q 「電池月間」って、いったいなに?
A 社団法人電池工業会が制定したもので、11月11日(電池の日)から12月12日(バッテリーの日)までの約1ヵ月のことです。ちなみに「電池の日」とは、漢数字の+と-が+(プラス)と-(マイナス)に見えること、「バッテリーの日」は、野球のピッチャーとキャッチャーのポジション番号が1と2であることに由来しています。
Q 乾電池は一度充電(じゅうでん)しておけば、いつでも使える状態になっているの?
A アルカリ乾電池は充電には対応していません。液もれなどの原因になりますので、絶対に充電しないでください。
Q 使用済み乾電池の見分けかたを教えて!
A 残念ながら、見た目では乾電池の残量はわかりません。使用後は機器から乾電池を取り出し、残量が不明な乾電池はご使用をお控えください。
Q 乾電池のラベルってはがしちゃダメ?
A 乾電池のラベルをはがすとショートするおそれがあり、場合によっては液もれ、破裂、発火などの危険も伴います。 乾電池を安全にお使いいただくためにも、ラベルは絶対にはがさないでください。
Q 寒い場所だと電池がすぐに反応しないことがあるんだけど…?
A 乾電池は中に入っている材料が化学反応を起こすことで電気を発生させていますが、化学反応は温度が低いと鈍くなる傾向にあります。そのため、寒い場所では乾電池がすぐには使えない場合があるのです。
Q 「水銀0(ゼロ)使用」という表示はどんな意味なの?
A 水銀を使っていない電池という意味です。以前は乾電池の材料として使用されている亜鉛の腐食を防ぐため、防食剤として水銀が使われていましたが、最近では改良が進み、水銀を使わずに高い耐漏液性能を実現することが可能になり、「水銀0(ゼロ)使用」の乾電池が主流になっています。

TOPへ

サポート情報

TOPへ

Q 液もれした乾電池を子どもが触ってしまった!どうすればいい?
A 電池のアルカリ液が目に入ったときは、失明など障害のおそれがありますので、こすらずにすぐに水道水などの多量のきれいな水で充分に洗った後、医師の治療を受けて下さい。
電池のアルカリ液が皮ふや衣服に付着した場合には、皮ふに障害を起こすおそれがありますので、すぐに水道水などの多量のきれいな水で洗い流してください。
Q しばらく使っていなかったゲーム機に入れっぱなしの乾電池が液もれしていた!どうすればいい?
A 液もれした乾電池を直接手で触れないように、手袋などをして機器から取り出してください。液もれを防ぐためにも、機器を長期間使用しない場合は必ず電池を機器から取り出してください。
Q もし液もれした電池が原因で機器が故障したら?
A 使用推奨期限内で、警告、注意事項を遵守いただいて液もれした場合、機器を修理、交換いたします。もう、液もれしたくないあなたには、耐漏液性能に優れ、液もれ補償※3も付いている「ボルテージ」がオススメです。
(液もれ補償※3対象製品:製造コード11-2022以降のマクセルアルカリ乾電池「ボルテージ」単1形、単2形、単3形、単4形において。)
液もれ補償条件について
Q 防災用品の懐中電灯の中で乾電池が液もれしていた!
いざというときに使えるようにするにはどうしたらいい?
A 液もれを防ぐためにも、長期間使用しない場合は必ず乾電池を機器から取り出してください。機器と乾電池をセットで近くに保管するなどしてください。
Q 機器使用後の電池はどうすればいい?
A 長い間使用しない機器は、電池を機器から取り出してください。
Q 液もれを防ぐには?
A *機器に電池を入れるとき、プラス極とマイナス極をよく確認して入れてください。
*機器に電池を入れるとき、種類(アルカリ乾電池・マンガン乾電池)やメーカーの違う電池を
  混ぜて使用しないでください。
*機器に電池を入れるとき、古い電池と新しい電池を混ぜないでください。
*長期間機器を使用しないときは、必ず機器から電池を取り出してください。
*使い切った電池は、必ず機器から取り出してください。

TOPへ